ぼげ

将軍列伝

将軍列伝【シュワルツェンベルグ】

カール・シュヴァルツェンベルクオーストリア戦争後半の総司令官。なんとなくやられ役な感のあるオーストリア軍において、数少ない比較的強力な将軍。能力的にはブリュッヘルと同じだが、オーストリアにはもう一人カール大公という同じ能力の将軍がいるので…

Road to the NW その3(外交)

さて、マルチの戦略級といえば外交!NWの外交は外交トラックの上で繰り広げられます。基本的には、このトラック上に中小国の外交官マーカーが置かれ、外交の状況を表します。 デンマークの外交官マーカー外交そのものはインパルスの中で行われます。イベント…

将軍列伝【クトゥーゾフ】

ミハイル・イラリオーノヴィチ・ゴレニーシチェフ=クトゥーゾフ公爵戦闘修正:3 指揮値:6フランスを除けば最も将軍の多い(7人)ロシア。中でもフランス以外では2人しかいない戦闘修正3以上をもつ将軍。ロシア皇帝3代に仕えた将軍で、評価は高いらし…

Road to the NW その2(ゲームシーケンス)

ゲームの流れは以下。ターンを最大5ターン行います。 ターンは以下の構成です。 インパルスラウンド 消耗判定/海軍建造フェイズ 征服フェイズ 講和判定フェイズ 次ターン準備手順 インパルスラウンド以外はその他もろもろの判定やら事務処理的なもので、メ…

将軍列伝【ブリュッヘル】

ゲプハルト・レベレヒト・フォン・ブリュッヘル戦闘修正:2 指揮値:6不屈の男。ナポレオン戦争ではどっちかっていうと負け役が多いプロイセンではあるが、 何度でも立ち上がってきたのはブリュッヘルの闘志によるところも多かったのか。前進元帥という称…

将軍列伝【ウェリントン】

ウェリントン公アーサー・ウェルズリー 戦闘修正4、指揮値6ナポレオンを除けば最強の将軍と思われる。 有名なのはワーテルローでナポレオンを打ち破ったことだが、それだけでこのレーティングは納得しない。彼の戦歴を見てみると・・・・1807年 フランスと…

将軍列伝【ナポレオン】

ナポレオン・ボナパルド 戦闘値4 指揮値8いわずと知れたフランス皇帝。 植民地の下級貴族の出身ながら、フランス革命による仕官不足のせいもあり、とんとん拍子に出世したヨーロッパ版豊臣秀吉のような人。めっぽう戦場での指揮に強いところ、無謀な外征で傾…

Road to the NW その1(勝利条件)

なんだか機運が盛り上がってきたので、わかりにくいGMTのNapoleonic Warsのルール解説を始めてみる。まずはゲームの目的と背景から。時代は1805年。フランスはナポレオンに率いられヨーロッパの風雲となる。実際国力と、軍隊の強さにおいて、他の列強を圧倒…

ドラキュラ

今日のお題はドラキュラ。ドラキュラはFFGの名作だが、私が以前塗ったフィギアでの初プレイ。しかし、かなり久しぶりで、なんかルールが雰囲気しか思い出せない。(笑今回のドラキュラは若で、私はDR.SEWARD。医者だね。とりあえず、東欧からスタートしてみ…

UP FRONT研究

老師から合宿の時に借りたUP FRONTをちょっと時間があったので、研究してみた。 まずは日本軍とアメリカ軍の比較。日本軍 #1-#13 アメリカ軍 #1-#12における比較をしてみた。(なんかかなり限定しているが、まぁ仕方ない)一番気になっていたのは火力の違い…

休日

今日は特にまともな予定もなく、朝からコストコに水とパンを買いに行く。お盆休みピークが始まるからなのか、朝から道が異様に混んでいる。 とりあえず裏道使ってなんとかコストコに入り込み買い物終了。午後は、もくもくとNapoleonic Warの日本語カード作り…

カードスリーブ

Napoleonic Warの日本語カード作成用に会社帰りに秋葉原のYSにて、 ひさしぶりにカードスリーブを買った。 なんか色々サイズやら硬さやら選べて逆に困ったが、 TCGサイズがぴったりだった。良かった。なんかいろんなゲームが中古で売っている。 「北海道共和…

UP FRONT

WKをやった深夜と、次の日の朝に念願のUP FRONTに挑戦。とりあえずBANZAI!もあるので、日本軍で米軍に戦いを挑む。さっぱり感じがつかめないので、火力分隊を無闇に突進させて、壊滅させられる。 手札が少ない日本軍は、火力も少ないので、火力分隊はあるて…

WK

今日はWKにエクスパンションを入れてやってみる。昔のWKのイメージがあるので、どうにも終わらないゲームと思っていたが、さすがはFFG。 ちゃんと終わるゲームになっている。というか、結局クロックがかかりまくって、それほど長くかからない。十分1日日帰…

TI

今回はXxchaにて。Xxchaそのものは、SE導入前にもやったことがある。Xxchaの基本は戦闘の最初の相手に対する-1。これは数が多い同士で、初手で圧倒する #というより、初手のダメージを減らし、パワーバランスを傾ける 効果なので、数で勝っていることが望ま…

新戦国大名

今日のお題はディセントの続きと、新戦国大名。ディセントはちょっとなめていたのか、結局3人もキャラが殺されて オーバーロードの勝利。白敵でも、ある程度まとまると侮れない。そして、出たばかりの新戦国大名。2〜3時間というのにだまされたが、結局5…

アグリコラ

今日のお題は噂のアグリコラ。ギークで無敵のプエルトリコを破ったという近年まれにみる傑作と名高い箱庭構築ゲーム。初めてやったが、ケイラス的(職人配置ゲーム的)なところもあるが、そう単純でもない。ファミリールールでは 比較的シンプルなシステムだ…

ぼげの日

久しぶりのぼげの日。西日暮里にて、雨の中、まったりとボードゲームをしてすごす。ゲームはゾンビゲーと宇宙開拓ゲーム。(どっちもタイトルがわからない!)ゾンビゲームは、BGM用CD付きという凝りに凝りまくったゲーム。 倒しても倒しても出てくるゾンビ…

フリードリッヒ

今年初めてのぼげは、「フリードリッヒ」。いわゆる7年戦争でのフリードリッヒ大王の戦争ゲーム。プレイヤー4人は プロイセン、フランス、ロシア(with スウェーデン)、オーストリア(with神聖ローマ)で 基本的には3人で一人(プロイセン)と戦うゲーム…

WotR

久しぶりのWotR。今回はFreePeopleだが念願のゴンドールではなく、ローハン。展開としては、序盤でサルマンがダイスの関係で出てこず、ローハンにコンパニオン(ボロミアとレゴラス)が合流したこともあり、ローハンは平和そのものに。その分、南蛮東夷が活…

完成

細かな修正後、つや消しクリアーを吹いて完成。久しぶりの塗装で面白かった。ということで、今度会ったときにお渡しします->老師写真はミナ。ちょっと大変でしたが、無理やり口紅まで塗ってみました。

攪拌

頼まれもののフィギアを塗り始めていてどうにも具合が悪かったので、新兵器の攪拌棒とスポイトを買ってきた。どちらも模型用のものなのだが、これが効果てき面!どうにも塗料がうまく伸びない気がしていたのだが、どうも長いこと置いてあったので剥離してい…

Pax Britanica

今日はいまさらながらではあるが、コスティキャンの名作Pax Britanicaをやる。第一次大戦前の大英帝国による平和な世界での世界列強による世界支配のあれこれを7人で争う。勢力的にいうと英国が圧倒的なのだが、VP修正が盛大にかかるのでそのままでは勝てな…

アッといわせる

若と夕食を食べながらTIについて語りまくる。回数を重ねることで、どんどんプレイが洗練されてくるのは、良いことだ。 となるとやはり作戦研究は重要。マップやシークレットオブジェクトは当日にならなければわからないが、種族は事前にわかっているのでいろ…

ドラキュラフィギア

頼まれていたドラキュラフィギアの塗装のため、台に固定だけしてあったフィギアにサーフェイサーを吹く。 写真はサーフェイサー前の固定状態。

ディセント

今日はディセントをやる。ウォーロードもだいぶなれてきたこともあり、今回は苦戦。直接アイテム交換不可のルールも結構厳しい。残念なのは途中で時間切れになったところ。とりあえず記録して次回繰越。

DAWN OF WAR

今回のメインはウォー・ハンマーRPGであったのだが、時間があまったので、Wings of WarシリーズのWW2バージョンである、「DAWN OF WAR」をやることに。以前から個人輸入で入手してあったのだが、なかなかやる機会がなく、お蔵入りしていたものだったが、意外…

TI3

今日は電撃的にTI3。今回はちょっと研究不足気味のイサリルを受け持ったが、結果は振るわず。最終ターンにVP9が見えるところまでいったが、老に逃げ切られる。とはいいつつ私の点数は5点。今回の大きな失敗はイサリルの能力を生かしきれなかった。スキップ能…

タージマハル

会社帰りにぼげをする。意外とこんな経験は始めてかも。お題は「タージマハル」久しぶりに軽めのゲームなのだが、とりあえず基本ルールだけ押さえてはじめたが、考え無しでやるとこの手のゲームはひどいことに。トップに大差をつけられての敗北に愕然。結局…

War of the Ring

意外と時間をあけずにWotRの2回目のプレイ。当初4人の予定だったが、急遽3人でのプレイ。私は前回に続いてShadow側だが、サルマンを担当。FreePeople側は老が一人でちょっと大変。では以下にターン毎の展開を。 いきなり1ターン目からサルマン登場。アク…

TI

久しぶりのTI。よく考えてみると夏以来だ。今回は念願のエルヨン。ドレッドノート主体の戦闘種族。戦闘して何ぼのエルヨンだが、シークレットは全く相性の悪い非戦闘系。おまけにアルファ、ベータ揃い踏みの4種類登場。さすがにこれはきついかとおもったが…

謀略級三国志

GJ最新号付録の謀略級三国志をやってみる。プレイヤーは流浪の説客となり、密かな勝利条件がある。 で、色々な国の軍師となり、勝利条件の達成を目指すという 三国志ゲームでありながらプレイアビリティが極めて高く、 かつ展開が毎回激しく違うというなかな…

WotR

ついにPlayしました。War of the Ring。シカゴからハンドキャリーしたものではなく、老のものでPlay。 私は、サウロン。ゴンドールについでやりたかった陣営なのでかなり嬉しかった。さて、 あまり動きも無く終了。イベントカードでパッシブな陣営はマスター…

ダニッチの怪

最後はAHのエクスパンション「ダニッチの怪」!マップやらカードが追加されたAH(アーカムホラー)なのだが、最もきついという噂のある5人で挑戦。ボスキャラは「クトゥルフ」。これも最もきついと噂されます。前半はとにかくいきなりゲートが開いて、トー…

ドラキュラ

今日はドラキュラゲーを。FFGのものなのだが、相変わらずの作りのよさにこれだけで満足かも。ドラキュラはごんで、他の4人はドラキュラハンター!中身はスコットランドヤードのバリエーションなのだが、戦闘ありで、なかなか楽しい。昼間は逃げ惑うドラキュ…

選挙

今日は久しぶりのぼげである。お題は選挙。とはいえ、総裁選ではなく、ドイツの国政選挙である。 戦わないゲームは苦手ではあるが、まぁ頑張ってみよう。 まずはインストであるが、とにかくルールが多い。基本は七つの選挙区で順番に選挙を行い、得票数に応…

TI3 SOL

TI3 今回は念願かなってSOL。やはり人類は最強でなければならない。で結果はまさかの最短5ターン終了。(負けました)SE導入によって全体にスピードアップがなされているのだが、今回は ほぼ予想外の展開。VP3の老がこの時点で勝つとは、誰も予想していな…

WoWC

今日はWorld of War Craft(WoWC)をやってみる。これはPCゲームWarCraftから派生したFFGのボードゲーム。WarCraftの世界でなんか凄いボスを倒すために、最大6人のプレイヤーキャラが世界を放浪して力をためて勝利を目指す。どことなく「魔法帝国の興亡」なん…

SE

TI3 SEをやる。お! なんかぼげの事を書くのは久しぶりだ。TI3 SEははっきり行って非常に良くなった。正常進化といっても良いだろう。TI3は元々完成度の高いシステムだったと思うのだが、デザイナーの意思とはうらはらに思ったように機能していない部分があ…

GJ

GJ最新号が届いていた。パラパラ見ていると「共和制ローマ」の記事が。 それも、「ゲームで歴史を楽しもう」という新連載の第1回。ゲーム中の政治家達の有名なセリフを連呼しようということらしい。 しかし、これを見ていて驚いたのは、このマイナーなゲーム…

WK

FFGの新しいウォーリアー・ナイトをやる。前回のフレーバーはほとんど入っているのだが、大幅にプレイアビリティが上がっている。これはプランニングフェーズの導入で、カードを選んで山に積んでおく形式にほぼ同じ。しかしこれがかなりプレイスピードを上げ…

レンジャーストライク

つい買ってしまった。レンジャーストライク。いわゆる戦隊もののトレカだ。第5弾ということで、そ第4弾まではどうしようとも思いつつ、トイザラスにて1つスターターのようなものをGET. うむうむ。とりあえず2セットないと出来ないらしい。買ってからH…

バクポン

久しぶりにTI3をやったわけだが、まぁさんざんな結果であった。蟲さんは全ての戦闘に+1修正という、シンプルかつ強力な種族なのだが、序盤の戦力が貧弱で、展開力にもかけるという種族。普通なら最初の数ターンで国力をためて、一気に・・・という展開を考…

マーベル

マーベルヒーローズをやってみた。X-MENを使うも、序盤にミスをして、出遅れる。1ラウンド目で移動が最後になるとけっこうきつい。しかし、あまりにひよった行動はけっきょくいまいちで、シナリオにもよるが、最初にやったシナリオだと4ラウンド目までに3…

MARVEL!

先日買ったMARVEL HEROESのルールをようやく読み終わる。なるほど90分というのも嘘ではないかも(W基本的にはSuperヒーローチームを使って各プレイヤーはソロプレイをする。ただし、ヒーローチームに立ち向かう敵側としては、各プレイヤーがチームプレイをす…

SoE

長い冬休み最終日、SoEをやる。今回はフランスを受け持ち、アフリカとアメリカを中心に序盤からリード。インドでの激戦に参加せず、無風のバルチックや、たなぼたのドイツでこつこつ点を稼いで、逃げ切りの同点勝利。終盤かなり自力ではどうしようもない状況…

Tide of Iron

FFGのHPを見ているとついて、「Tide of Iron」のサイトが開設とのこと。恐らくメモワールのようなゲームになるのではないかと思っていたのだが予想通りの展開。 一応チーム戦(2VS2)をすれば4人までプレイ可能のようだが、基本的には対戦ゲーム。アメリカV…

オランダ革命

オランダ革命というさっぱりわからない背景をもつゲームをやる。完全情報ゲームで、一切のランダム制の無いマルチゲームなのだが、アブストラクト化されぐあいが絶妙でなかなか面白い。面白いのだが、最初のプレイでは、損得勘定がわからず、結果として同点…

TI3

久しぶりのTI3。今回は男爵。彼はパンパーの戦闘系種族なのだが、今回は終盤までまともな戦争をせず。ところが不思議なもので席順の妙もあり、終盤までは後一歩で勝ちそうな状況。(老がゲーム終了のカードを1/3の確率で引けば私の勝利)。しかし、残念なが…