読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こころ

今度はこれを読んでみました。

昔、国語のテストか何かで部分的に読んだ事と、あらすじは知っていたのですが、改めて読んでみました。
太宰の2作品に続いて、またなんか自殺の遺書の話なんですが、太宰に比べるとより決め細やかというか、悲惨な話にも関わらずその空気感は独特で、より透明度が高いというか、澄んだ感じがします。

好みで言えば太宰よりは漱石の方が好きですね。どろどろしてないところが好みです。

しかし、日本人作家なんですらすら読めます。同じページ数でも海外翻訳ものよりも読みやすいのはやはり日本語でかかれたものだからでしょうか。
英語翻訳だって日本語では、あるのですが、なんか読むスピードが落ちます。