読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何度目の天道か

ふと思い立ち、最近また信長の野望 天道をやっています。
真田丸の北条が思いの外怪演でよかったことと、天道の信長元服の最初からのシナリオだと、北条はかなり高難度という話を聞いてやってみました。

実はそのチョット前に朝倉でもやってみていたのですが、とにかく朝倉はそうてきがいなくなるとまともな一族が少なくて非常につらいことがわかり、もうちょっと一族が多い家でやりたかったこともあります。

この時期の北条のつらさの原因は、まだ今川、武田と同盟していないことにつきます。そして北条も今川もすぐに小田原城を攻めて来ます。これに対応していると、なかなか太田を攻められず、スタートダッシュに失敗してジリ貧になるということらしいです。

やってみると、北条は内政が強く、兵科でいうと足軽が強いタイプで、これは天道の必殺技、兵農分離大作戦がやりやすい家です。
序盤はとにかく兵の数で圧倒し続けて、とにかく小田原を守ります。そうこうしているうちに、里見が太田を打ち破り、宇都宮までちょっかいを出している状況になりました。

この状況で、やっとイベントで武田、今川と同盟結ばれて北に専念できる体制がとれました。そこで里見を滅ぼし、関東を制圧していきます。

その頃には東北はほぼ上杉に制圧されていますが、CPUは前線に兵力を集中しがちなので、南部が粘っているうちに上杉に襲いかかります。ラッキーなことに北陸の上杉にが武田に駆逐された状態で、上杉を滅ぼせたので、上杉家臣団をまるまる取り込むことができました。そして、上杉に飲み込まれていた伊達もおまけに。これで家臣団はもう最強です。南部と佐竹を取り込めば関東より北は完全制圧です。

このころにちょうど三国同盟が終了し、まずは東に重心を置いていた武田と滅ぼします。その間は今川との同盟は継続しておきます。

武田を制圧すると、家臣団はどうしようもないぐらい膨れます。信玄は今川にとられてしまいましたが、どうせ今川も飲み込むので問題ありません。

武田を滅ぼすことには、世の中は今川と島津と北条だけになっています。そこで一旦内政整備し、今川との同盟が切れるタイミングで、今川を刈り取ります。

そのころには征夷大将軍にもなっており、動員力で10倍はあるため、まずは負けることはありません。全戦線で一気に攻勢にでます。ケースバルバロッサの発動ですw

もう負ける可能性は全くないので、あとは単なる作業なのですが、いうほど北条も辛くはなかったなといのが感想です。
武田、今川との三国同盟は非常に強力で、その間に安全な後背地を作れる北条は他の2家より圧倒的に有利です。

さて、次はどの家でやってみますかねw