空母いぶき 映画

 

 

これはひどい

ケーブルで録画して見ましたが、原作とはかなり違います。

まず、敵は中国ではなくて架空の国です。

何を配慮したのかよくわかりませんがこの時点で全体にえらく安っぽく雑な感じになってます。

また、本筋に関係ないキャラが追加されており、コンビニの風景とマスコミが、ほぼ本編に関係ない形で追加されてます。

逆に相手が変わったことにより敵国の描写はほぼなくなりました。

また、時間の制限のせいかもしれませんが、話のオチの付け方が全く違っており、突如国連常任理事国全部の介入により両軍が攻撃され一方的に停戦させられます。これには唖然とさせられました。原作と違って日本が堂々とした交戦と停戦を主導した原作と真逆で、まともな反撃もせず、ただ耐えただけで、停戦も一方的に他の大国に相談も交渉もなく怒られてやめたような感じで終戦します。もはや原作に対する冒涜的なシナリオで眩暈がしました。

見るべきところは護衛艦の対空ミサイル発射シーンだけでしょうか。

なんかやたら戦闘中に反戦を主張する自衛官が多すぎますし、反戦主張が鼻について、嫌になります。反戦をアピールしたいならもっと他の題材はあったでしょうし、かわぐちかいじはこういう感じなので何がしたいのかさっぱりわかりません。

よく原作者がこのシナリオを認めたなという感じです。

ロンドンゾンビ紀行

 

 

アマプラで、もうすぐ終了というので慌てて見ました。短いので、軽く見れます。まあゾンビ映画で長くてもだれるのでこの手のコメディ入ってるのはテンポ良くサクッとした感じが良いです。

この手の映画はヒロインも大事ですが、従兄弟のケイティがヒロインかな。短いのであまり見せ場もありません。

ゾンビ映画での歴史になお刻むほどではありませんが、軽く見るには手頃かな。コメディにするならもっと徹底しても良かったかなとも思うけど、コメディとゾンビはなかなか難しいですね。

地獄でなぜ悪い

 

 

これもケーブルで録画してみました。

今見ると結構豪華な出演陣です。

ネタバレすると、効果なキャストが安っぽく死んでいきますw

ヤクザと映画という意味では、ザ・マジックアワーがありますが、あっちの方が脚本としては数段上です。こっちは何したいんだかよくわかりません。二階堂ふみが良かったかな。それぐらいな印象です。

アリータ バトルエンジェル

 

 

ケーブルで録画したのをやっと見ました。

銃夢の映画化ですが、なんとなく微妙です。

主人公はCGなんですが、目が大きすぎて違和感あります。

主人公の名前はやはりガリィが良かったかな。

しかし色々伏線回収されてないので、壮大な前振りとか色々言われてしまいましたし、全くその通りです。本当の評価は続編が作られてからかな。

ユニフォーム コンプリート

f:id:bushinXXX:20210926222705j:image

今年のライオンズ戦でもらえる4種類のユニフォーム、コンプリートしました。ビジターユニフォームだけ、1000円でユニフォーム引き換えられるチケットですが、一応コンプリートです。

ユニフォームって毎年変わるんですかね。フェスティバルユニフォームは毎年変わるみたいですが、ホームとビジターはあまり変わってないような気がする。

zoom マルチストンプ MS-50G

 

 

f:id:bushinXXX:20210829213512j:image

マルチエフェクターを買いました。

コロナ巣篭もり趣味のエレキギターであれこれ弾いてると、なんか音をいじりたくなってくるのですが、アンプのゲインだけだと変化も無いので、色々調べてこれを買ってみました。

機能が多すぎて使いこなせませんが、あとは色々変えられるようになりましたw

面白いです。