Viceroys

f:id:bushinXXX:20210725074004j:image

ヴァイスロイスをやりました。コロンブスエクスパンションを入れての7人プレーです。オスマンがおらず、明が入りました。自分はポルトガルでした。

ロシアがいるのにオスマンがいないとどうなるかというのがどう影響するのか、ヨーロッパ海洋国5ヵ国はどうかというのがあったかもしれませんが、結果はVP勝利はロシア、アドミラルオブオーシャンアンドシーはポルトガルでした。

ポルトガルは世界一周とマゼラン海峡、未知の発見と植民で大きく稼ぎ、そのほかにも色々とったり、カードで奪ったりとアワードでは圧倒しました。しかし、初プレイであることもあり、植民地の守り方がよくわかっておらず最後に多くの植民地を失ってあとちょっとだったが完全勝利は逃しました。

ポルトガルは植民と陸軍が一ターンに2個までしか定価で作れない事と、発見と風上にボーナスがあること、ヨーロッパ勢で最も南西に本国があることもあり、発見で点を稼ぐのが明確でした。
リワードで上位に入ると必ず、植民地は狙われるので、最終盤でひとつでも多く守れるようにしておく必要がある。基本は各エリアに一つずつ植民地を持てば、一つにつき8VP。アフリカ、南米、北米、アジア、未開に一つずつで、それぞれ7VPになるので、それだけで最大35VP。砦があればさらに15VP。砦ができればそこで歩兵の生産もできるので、最終ターンで守りやすくなる。初手は唯一行けるアフリカ東岸。一ターン目に最初に植民できれば発見、植民のアワードがとれる。もうここは最初の移動順にかなり影響されるが仕方がない。そのあとはほぼ確実に取れるアジアの海からの発見を目指し、そのあとは世界一周を目指す。世界一周を進めるためにはマゼラン海峡を早めに確保し、できればそのまま南米東海岸を逆回りに確保。そのあとはアフリカを起点に未知を探索しつつ、各地の拠点を作り始める。これをやると、産物の荷上げはほとんどできないが、産物の荷上げはポルトガルは自力では植民地が遠くに分散しがちなのであきらめて、イギリスによる封鎖や植民地からの距離の短さを売りに、他国の荷上げ拠点として手数料で増やすのが恐らくベストかな。フランスとスペインはアフリカ南米に植民地軍を作るので距離が短いほど一ターンで回収値つが上がるので。

探検と冒険の国ポルトガルはある意味尖った国なのでこれはこれでなかなか面白かった。次回は陸軍国をやってみたいもの。(今回出なかったオスマンが一番興味深いかな)

忍びの国

 

 

録画だけしてみてなかったのですがふと見ました。大野くんのとぼけた感じが意外とよく、原作も読んでますが楽しくみれました。

大善役の伊勢谷が良いのですが、早く復帰して欲しいものです。

ヒロインは石原さとみでこれもなかなか良かった。そこそこヒットしたみたいで、原作の良さと役者のハマり具合でこれは妥当かな。

ブラックウィドウ

かなり待ちましたがやっと見れました。

DCのワンダーウーマンとの2大人気女性キャラの映画対決ですが、マーベルの圧倒でした。

やはりマーベルのアクションはCGとカメラワークが絶品で、この品質に慣れると、どうしてもDCは見劣りしてしまいます。

今回のヴィランはタスクマスター。特殊能力はほとんどないので、やはり人間であるブラックウィドウの相手としては文句なしです。

新しいヒロインとして、妹のナターシャ・ベロワも登場です。コミックでは2代目ブラックウィドウで、あちこちにそれらへの伏線が入っているので今後そうなるんでしょうか。

女優はフローレンス・ピューです。スカーレット・ヨハンソンに比べるとちょっとポッチャリしていて、アメコミキャラにしては太めかな。顔が丸いのか。血が繋がってないので、姉妹でも似てなくてOK設定なので、どうなるんでしょうね。

タスクマスターはなかなかかっこよくて、今後も活躍の場がありそうな感じですが、よく考えたらほぼ一言も喋ってない。原作と違い女性設定で、女優はオルガ・キュレリンコで、ひょっとしたらこちらもまた出るのかも。コミックではデッドプールと仲良しらしいのでそっちで出るのかな。

あと、レッドガーディアン。キャプテン・アメリカに対抗して生まれたソ連版スーパー兵士だが、コミックだと特殊能力なしが大半。(いっぱいいるけど)

劇中ではすごい力を出すシーンがあるので、超人血清的な強化はされてるみたい。ただ、もう結構老いているのでそれほど出てはこないかな?

ストーリー的にはブラックウィドウの生い立ちと黒幕などが明かされて、全部決着するのでなんとなくスッキリ。

アクションは派手な能力の人が敵も味方もいない代わりにアクションで見せる感じで、これも上手いですね。

最後のタスクマスターとブラックウィドウの決戦、どっちがパラシュート持ってたのかよくわかりませんでした。持ってない方はどういうつもりで飛び込んだのか驚きですw

映画始まる前にマーベルの予告があるのですが、そこにブラックウィドウの予告があるのは閉口。予告いらないから本編見せてですよね。

屍人荘の殺人

 

 

Amazonで見ました。浜辺美波が出ているので。

ミステリーなんですが半分ゾンビ映画ですね。ゾンビミステリー。

どっちも半端な感じではありますが、浜辺美波神木隆之介で最後までいった感じです。

明智が何気に良いキャラだっただけにここで退場してしまうのはもったいない気もしますが。

映画館で見るほどでも無いですが、アマプラで見るなら損した感じはないかな。

傷物語

 

友達から借りてみました。

何度も過去の話として語られる春休みの事件。

ようやくみました。

コミックが傷物語編に入るのでその前にアニメ見ておきたかったので良かったです。

しかし、これで、羽川翼に惚れない主人公は何なんでしょうかw

本編に比べると、戦場ヶ原がいないのがかなり残念ですが、その分キスショットと忍野がよく喋るのでバランス取れてます。

なんといっても羽川翼の存在感が圧倒的で、全部持っていきます。

ストーリー的にはオチは最初からわかっているので、エピローグてきですが、まあ仕方ない。

これで安心してコミックを読めるというものです。

あぁ、小説も読まないと。まだまったくよんでないのでw

 

ガイアプロジェクト

f:id:bushinXXX:20210619195211j:image

当初、久しぶりの7ages 8人プレイの続きの予定でしたが、1人急遽欠席になった為、急遽二卓に変更になりました。

で。前から気になっていたガイアプロジェクトをやることになりました。

陣取り箱にはエンジン育成ゲームです。

各種族に分かれて、星を開拓しながら各種方法でVPを獲得するゲームです。

一度植民した星は奪われたりすることはないので、いかに早く良い場所をとっていくか、色々なスキルやアクションも各ターンにできるのは1人のことが多いので、いかに自分のやりたいことをやっていくかがポイントになります。

ポイント的には技術の進化ポイントの割合が高いような気がします。技術を上げると効率的になったり、リソースを得やすくなるので、特に開拓コストと影響距離の二つのスキルは重要です。

ゲーム的には2回やりました。2回目はかなりハイペースでできたので慣れた人たちなら1日で何回か可能でしょう。

f:id:bushinXXX:20210619200321j:image

残念ながら2回ともトップに大差の逃げ切りを許してしまいました。この手のエンジンビルドは

経験者が圧倒的に有利なのでまあ仕方ないところもありますが。周りを見る余力がなかったのも辛かったです。

ただ、組み合わせ要素が多いので長く遊べるゲームだと思いました。