f:id:bushinXXX:20200224202736j:image

木刀用の皮鍔を買いました。

以前はプラ製の安いのを使っていたのですが、2年たたずに割れてしましました。

練習中に割れると最悪怪我してしまうので、しっかりした皮鍔にしました。値段は一つ3000円ぐらいするので、プラ製の30倍ぐらいしますが、元が安いのでこれで一生ものなら安いかな。東山堂で通販でした。

映像研には手を出すな

最近はまりました。

女子高生が部活でアニメを作る話です。

簡単に言えばそれだけなんですが、なんか独特の間とかが妙に良いです。特に気に入ったのがオープニングで、それほど特徴が無いのですが、妙に残ります。毎回見ても飽きません。原作は全く知らないのですが、テンポ良くて飽きません。

今度乃木坂で実写化もあるそうなんですが、スチール一枚でいい感じです。斎藤飛鳥がどれだけ演技できるのか知らないのですが、期待してます。

新しいGショック

f:id:bushinXXX:20200126100602j:image

新しいGショックを買いました。

MTG-B1000D-1AJFです。前のが8年ほど経ち、バッテリーがダメになってきました。

大きさはほぼ同じですが、今度はシルバーにしてみました。Bluetooth接続も出来ますが、さほど意味はないような。操作が若干楽です。でも時計だけでも同じ事ができるので、うーんなんだかなあ。

とはいえ、デザインはなかなか良いです。ライトがついたのが便利です。夜光に蓄光するのが目的の様でこれは便利です。

 

テラフォーミングマーズ 対戦

f:id:bushinXXX:20200120115852j:image

週末に5人対戦でテラフォーミングマーズをやってきました。

一戦目はまずはインストも兼ねてオーソドックスに基本セットだけで。ただし企業カードは入れて、時短のためにドラフト無しでやってみました。企業はテラクターで、初期の金が多いのと、地球タグがコスト3減ります。

全然地球カードが引けなくて、初手が終わると何の特徴もない企業に成り下がってしまいましたが、経験を生かして、早め早めの都市設置で、緑地と都市のVPでなんとか逃げ切って勝利しました。褒賞一個取り損なったら危なかった。

2戦目は5人に最適と言われるコロニーズを入れてやってみました。コロニーズは初プレイで、どんなカードが入るのか知らないので、条件はだいぶ他のメンバーと近くなりまし。

企業はアークライト。植物か動物タグのカードをプレイすると、動物トークンが載って、VPになります。トークンVPは面倒な割に点にならないイメージがあって避けたいところですが、せっかくのコロニーズ企業をやるチャンスなので、これを。英語版にもある企業なのか気になりますが、どうもあるみたいですね。流石に日本限定ではないみたいですw

初手からコロニーを作るカードが2枚手札にあり、一つは同一天体に2つ目のコロニーを作れる強力なやつで、それを回すためにチタンの星に二つコロニーを作ってしまいました。今思えば、これは植物を出すガニメデに作るべきでした。最終的にコロニーそのものはVPを稼がないので、VPに繋がるコロニーを最優先すべきです。自分のエンジンにもよりますが、植物は汎用性が高い緑地に直結しているので、狙えるなら狙うべきでした。

チタンのおかげでコロニーばかり遊んでしましたが、こつこつと老師が火星のテラフォーミングを進めていて、気がついた時はかなり出遅れてました。徹底的に老師のVPの邪魔をしてましたが、基本的に邪魔出来る事が少ないゲームなので、時すでに遅し。だいぶ離されて3位でした。途中で山若さんの3隻船団とかも焦りました。船が増やせるとは思ってもみなかった。コロニーはとにかく生産力そのものが大きく上がるので、リソースを安定させる効果が大きいです。でも最後は火星をなんとかした人がやはり強いですね。アークライトのトークンVPですが、動物、植物タグカードはけっこう多いので、意外とVPになりました。この手のカードを集中的に運用したこともあり、二桁VPを得ることができました。トークン除去系のカードが飛んでこなかったことも大きかったです。

これで未プレイエクスパンションはヴィーナスネクストだけとなりましたw と言ってる間にアメリカでは次のエクスパンションが出てしまいましたし、これはこれでなかなか大変ですね。

やっていて思うのはやはりオーガナイザーというか、プレイカードのトークンがずれないようにするものはなんとかしたいですね。厚紙で作ろうかなw

f:id:bushinXXX:20200120122341j:image

スカイウォーカーの夜明け

f:id:bushinXXX:20200114120016j:image

やっと見てきました。スターウォーズ のエピソード9です。

かれこれ一作目が公開されてから、40年ぐらい経っているそうで、昔新宿プラザで見たのが懐かしいです。ミラノだったかもしれませんがw

 

最終シリーズは色々と酷評もされているようですが、自分的には楽しめました。

スカイウォーカーとシスの戦いというものに最終決着がついたという感じはしました。

 

最後の三部作が酷評されるのが何故かよくわからないのですが、評価サイトなどを見ると、レイの力が強すぎるところでしょうか。

何の作品でもそうですが、後半に出るキャラほど、強いのが強さを基準にした話の宿命なんで、スターウォーズ においてもそういうことが起きるのは作品の評価とは違う感じがします。

ある意味、エピソード4原理主義的な感じで、逆恨み的なものも感じます。

 

ただ、7から9見て思ったのは、それほど魅力的な引き込まれるキャラがあまりおらず、一番印象に残ったのがC3POというのが難点でしょうか。レイの正体は途中でわかってしまって、それからあとはどう決着するのだろうということが気になってしまいました。レンもポーもフィンも何となくピンと来なかったのが残念。まぁスターウォーズ のヒロインはいつもイマイチな気もするので、ヒロインは仕方ないかなとおも思うのですが。

 

見る前に昔買ったDVDを少しおさらいしたのですが、今DVD見るとそのが画質の悪さにがっかりするので、BDで買い直そうかと思ってます。

ウルバリン サムライ

ウルバリンシリーズですが見逃していたのをやっとみました。ケーブルテレビです。

海外映画の日本人ヒロインはどうにも日本人には馴染めない人がよく出ますが、これもその一つ。

ユキオ役の福島リラが何とも残念で、あの変な髪型を普通にしてくれれば。

 

話的にはまあ、かもなく不可もなく。真田広之がもうちょっと活躍してほしい気もしますが、仕方ないか。