激闘レニングラード電撃戦ソロ2

レニングラードをやり直してみました。

ルールに大きな見落としが。1ターン目の開始前に開戦前奇襲のルールを見落としてました。

なんかいきなり苦戦するなと思ったら、そういうルールがあったのですね。通常の1ターン目の前に全司令部活性化して攻撃のみ可能なのと、川の効果を無視できます。これで川越の1/2が気にならなくなります。これによる恩恵は第4装甲集団右翼と、第18軍左翼なんですが、ここに戦力を集中して突破を図る必要がありますね。

f:id:bushinXXX:20190211103112j:imagef:id:bushinXXX:20190211104514j:image

でも失敗しました。そうしないで、緩そうなところに装甲師団を集めて、中央突破したのですが、ソ連装甲師団を細くできませんでした。

ただ、南の11軍の司令部は補足したので、16軍はだいぶ楽になりました。しかし、8軍の司令部は逃してしまったので、二つのそうこうしだんとともにスタコラ逃げていきます。奇襲が終わると川越が半分しか戦力を出せないので、もたつきます。8軍はリガに少しだけ戦力を残して、いちもくさんにルガラインを目指します。今回は奇襲の効果もあって、順当にダウガフピルズを突破し、スターリンラインに向かいますが、あちこちに置き去りになった残存兵力が気になってその掃討に16軍が遅れ気味に。

f:id:bushinXXX:20190211104447j:imagef:id:bushinXXX:20190211103018j:image

ソ連派ルガラインに23軍と逃げてきた8軍の戦車師団を増強して防衛ラインを作ります。

ルガラインは結構強力で川越効果もあるので、歩兵師団2つで守ると簡単には突破できません。ドイツ軍最良の8個機甲師団と機械化歩兵師団で合計で30戦力になりますが、川越だと半分なので、15戦力、。4の防御力で浅い森と街があるルガは2シフトを持つので、1.5対1までいってしまいます。となると後ろに部隊を回すのですが、なんとなく増援が出やすい西側に戦力を大目にソ連は配していたのですが、それだと東側が薄くなってしまい、そこをあっさり突破してしまいました。

そこからどとうの戦闘後前進で一気にルガの背後に回りこみました。

f:id:bushinXXX:20190211125425j:image

ただ、第18軍の動かし方を間違っていたり、援軍だしそこなったりといろいろ間違いもあり、ここで終了。第7ターンまでやりました。

最初はドイツは補給チェックがないのであまり気にしていなかったのですが、後半は厳しくなります。タリンへ攻める18軍はうっかり西方の道路を皆で進んでしまったのですが、それだとタルトゥを誰もとらないことになり、補給が切れることに後から気づきました。しかたないので、司令部だけ単独でタラトゥを占領に行ったのですが、全く時間の無駄でした。司令部とはぐれた部隊単独では動けないからです。ほんとはタラトゥ経由でタリンに行くべきでした。

ソ連機甲師団による反撃部隊はノブゴロドではなく、スタラヤ・ルッサあたりに置いた方が反撃できそうです。ドイツの普通の歩兵師団でも、スタックされると防御6になり、4個機甲師団でも3倍になりません。なのでスタックしないで守らざる得ないルガラインよりも南西の方角から反撃する方が良いとは思います。補給線が弾けるもっともに南西の出撃拠点がスタラヤ・ルッサなのです。

あと、ソ連の要塞はルールがどうも矛盾しているとおもったら、正誤表が出てましたね。

基本的に、ドイツ側はバルバロッサ作戦の開始時にある程度作戦と戦術を考えておかないとソ連を逃してしまいます。歴史どうりだとソ連の勝ちなので、ドイツは歴史を上回る必要があります。そういう意味では慣れている人がドイツ側を受け持たないと成り立たないというのは結構厳しいです。この手の独ソ戦をやり込んでいるならまだしも、あまり独ソ戦をやらない人たちはドイツをやりたがるイメージが強いので。

ジョジョの奇妙な冒険 第3部

 

 

文庫版で買ってあったのですが、長い休みでようやく久し振りに読み直しました。

ダービーの賭けの話が印象的イメージでしたが、読み直してみるとまぁまぁw

このあたりから、ラスボスの能力がだんだん謎の中心担っていく先駆けかと思います。The Worldの能力がシンプルでやはり強いですよね。第4部の吉良の能力はかなり反則級に強くてどうするのかと思いましたが、第3部ではまだ早さと強さに重きを置いていた時代なので、それはそれで古き良き時代なのかもしれません。安くなったら文庫版をまとめて買おうと思っていますが、第4部は全然安くならないので、どうしようか思案中。久しぶりに読みたいのですが、実写版が地上波放送されるので、しばらくねが下がらないかな? 

そういえば、実施版の第2部は作らないのだろうか。第1部は非常に良い出来だったと思うのですが、興業的にはこけたのかなぁ。

激闘レニングラード電撃戦 ソロプレイ

練習も兼ねてソロプレイしてみました。

f:id:bushinXXX:20190210095824j:image

ルールはチットによるアクティベートで、司令部から4ヘックス以内の部隊が移動戦闘できるシステムです。大都市にVPがあり、基本的にはレニングラードを落とすか守りきるかになります。ただし、ドイツは損害を少なくしないといけませんし、主力の離脱のタイマーがあるので、急がないといけません。ソ連は序盤は逃げ惑うばかりですが、中盤から徐々に援軍が登場して、逆襲も可能になります。

ドイツは装甲軍だけ二回チャットが弾けるのと、移動力が倍あること、戦闘後前進が1ヘクス多く動けることを利用して、突破後後ろに回り、歩兵で押しつぶすのが基本になります。

とりあえず、よくわからないままなんとなく配置してなんとなく初めて見ました。

f:id:bushinXXX:20190210100633j:image

主力の第4装甲集団が2回動けるのが肝で、一気にソ連の第11軍を壊滅させるのがポイントらしいのですが、その際軍司令部を逃すといろいろめんどうです。軍司令部を潰すのを最優先しないといけないですが、それをしなかったので、第11軍と第8軍の司令部を取り逃がしてしまいました。司令部があれば点在する残存兵力を拾いながらレニングラードに撤退していくことが可能になります。なので、最前線のソ連の歩兵師団は包囲だけして、司令部を抑えるべきでした。また北の第8軍は川越の攻撃力半分が意外と厳しく一気に突破できず、第18軍が停滞してしまいました。これも失敗でした。

理想は突破包囲後、サプライを出してステップロスさせて、除去かと思います。補給切れでユニット除去させると再登場できなくなります。ソ連は次々と増援が出ますが、そもそも投入可能ユニットがなければ、どれだけ補充が出ても最後には投入する部隊がなくなってしまいます。とは言ってもまずはマップから除去が優先ですが。

f:id:bushinXXX:20190210101825j:image

そして3ターン終了時点。リガは抑えたのですが、ダウガフピルズに届いていません。

結果として、スターリンラインを構築され、4ターン終了時でスターリンラインにはとりつくのが精一杯でした。

f:id:bushinXXX:20190210102906j:image

そして、第18軍は完全に遅れています。

ここで一旦終了としました。ドイツ軍投了です。最後までやってないのでよくわかりませんが、GJ本誌のリプレイに比べて大幅に遅いので、おそらく最後までやってもドイツに勝ち目はないでしょう。

序盤のドイツはパズル的にしっかりと進めることと除去することをやらないと破綻しやすいので、特にうまいプレイヤーがドイツを受け持つべきというのはよくわかります。ソ連は序盤はヤラレっぱなしなのでフラストレーションが溜まりますし、不安になりますが、4ターン目あたりから作戦を練ることができてきます。

ルール的にわかりにくいのは、フェーズ進行で、命令実行フェイズ、活性化フェイズ、行動フェイズを順番に繰り返すのですが、実際は命令実行フェイズの中で、司令部命令ちっとを引いた場合のみ、活性化をします。そして、活性化したユニットは移動と戦闘を1回ずつできるとあります。おそらく、命令実行フェーズの中に、活性化と、行動があり、行動の中にはすべての移動を実施し、その後、全ての戦闘を解決するのだと思われますが、ルール的には明確に書いてありません。すなわち攻撃の後に移動できないとは書いてないのです。また、1ユニットが移動攻撃した後に、別のユニットが攻撃してから移動できるようにも読めます。どのユニットが移動済みかを記録する方法が無いので、覚えるしかないこともあり、そんなルールではないだろうとは思うのですが、明確に書いておいてほしいと思います。ルール的にはP3の5.0 プレイの手順の中で、(4)行動フェイズの説明ですが、行動フェイズでは、活性されたユニットで移動および戦闘が行われます。とだけ書いてあります。そして①移動セグメントと②戦闘セグメントの説明があるのですが、どちらも活性化されたユニットを用いてい○○できるとだけです。活性化された『全ての』ユニットが1回の移動セグメントで移動することができるなどの記載があれば明確なのですが。または一回の行動フェイズには移動セグメント、戦闘セグメントの順番に1回ずつ各セグメントが行われると明記してほしいのですが。

これは三作目のキエフでもルールは治っていないのでがっかりです。

 

ゲームジャーナル49号 激闘! レニングラード電撃戦

ゲームジャーナル49号 激闘! レニングラード電撃戦

 

 

 

GJ49号

 

ゲームジャーナル49号 激闘! レニングラード電撃戦

ゲームジャーナル49号 激闘! レニングラード電撃戦

 

 

久しぶりにゲームジャーナル買いました。独ソ戦テーマは大好きなので昔はよく買ったのですが、誰も付き合ってくれないので最近ご無沙汰でした。でもなんとなく自分の中で急に盛り上がってきたこともあり一気に3冊まとめ買いです。

レニングラードというと、HJから出ていた突撃レニングラードが思い出されます。たぶん一度しかやってないのですが、ソロプレイは何回かした様な気が。ロシアンフロントした時に、レニングラードがどうなったかは全く記憶が無いなぁw

記事ではツクダの銀英伝シリーズがワクワク感があったけど、再生Projectといいつつ、紹介だけで終わってしまったのがちょっと残念。アスターテ会戦は帝国必敗の裏技がある認識であのあたり、どうにかしてほしいイメージがあります。ヤンが早期に出てしまうとどうしようもないという。そもそも各個撃破が同盟の油断が前提なんで、それがないだけでも帝国は戦力的に厳しいのでどうしようもなかったような。

ベースになる戦史があるものは、相手側が歴史と同様のミスをする前提があったりするので、対戦プレイすると成り立たないというものがあって、そのあたりは問題ですよね。

他の記事ではキャッスルオブマジックがかなり面白そうで気になりました。あと、マリアですね。これは老師が持っているのでいつかやりたいですね。

ゾンビが来たから人生見つめ直した件

NHKの攻めてるドラマ。

これも面白い。たまたま第1話を見たら面白くて見続けることに。

ゾンビものなんだけど、普通の人がゾンビの環境に置かれたら、どうなるか的な話で戦い抜かない選択肢を取ろうとする主人公がなかなか。

ゲームジャーナルまとめ買い

 

ゲームジャーナル49号 激闘! レニングラード電撃戦

ゲームジャーナル49号 激闘! レニングラード電撃戦

 
ゲームジャーナル57号 激闘! キエフ電撃戦

ゲームジャーナル57号 激闘! キエフ電撃戦

 
ゲームジャーナル53号 激闘!  スモレンスク電撃戦

ゲームジャーナル53号 激闘! スモレンスク電撃戦

 

 

ゲームジャーナルのHP見ていて、3つのゲームを連結することが出来るのは知っていたのだけど、それがマルチで最大8人で遊べるのは知らなかった。

バルバロッサ作戦ゲームが大好きなので、勢いでまとめ買いしてしまったw

ほぼ一泊2日でプレイ可能と言われているので、その他の長いゲームよりもだいぶプレイしやすいらしい。

8人マルチのルールがあるのも素晴らしい。早く来ないかな

iPhone XS

f:id:bushinXXX:20190127085818j:image

7Plusから機種変して一週間ほど。本体サイズは微妙に小さくなって、ディスプレイはだいぶ大きくなった。

ホームボタンが無いのは慣れてきたが、インターフェースがそれほど良くなった感はない。顔認証は通勤中マスクしてると役に立たない。目元だけで認識してくれないかなあ。

ディスプレイは凄く綺麗で、プライムビデオで映画見ても意外といける。

7Plusがバッテリーへたっていたが、新品なので元気になった。

高くなった割にはそれほど便利さは感じないのがちょっとなあ。

iPhoneは完成したのかもしれない。