暦物語

 

 

地上波でやっていた暦物語を見終わりました。

15分ものの短編集で、軽い。最終回だけ唐突に思い。色々飛ばしている様な気もする。

何か見逃しているのかもしれない。終物語を見始めて痛感。知らないキャラがいるような。

ちょっと暦物語は物足りないなぁ。番外編というところなのだろうか。

アイアムヒーロー

 

アイアムアヒーロー 22 (ビッグコミックス)

アイアムアヒーロー 22 (ビッグコミックス)

 

 

ついに読み終わりました。こつこつTSUTAYAで借りてましたw

なんか色々妙な伏線がありましたが、かなり謎を残して終わります。こんな終わりなら妙なゾンビ合体設定はいらなかった様な気も。

ただ、出だしの徐々に日常が破壊されていく感と、ゾンビが迫ってくる絶望感はいい感じです。

最期の主人公もなんとなくウィルスミスの地球最後の男をイメージして、これはこれでなかなか良いです。やはり謎の設定が余計だったかなぁ。単にゾンビ出ました。いなくなりましたで良かったのでは。

ただ、ちょっと残念なところはあったけど、日本のゾンビ作品としては最高峰だという点では揺るがないと思います。映画も見てみようかなぁw

Dead of Winter

f:id:bushinXXX:20180819081005j:imagef:id:bushinXXX:20180819081039j:image
f:id:bushinXXX:20180819081043j:image

2年ぶり2回目のプレイです。

久しぶりにやりましたが、やはり面白い。ゾンビものというのはゲームとしてはとにかくテンションがります。

前回ブログを読み返し、カードを多く引くものと、食料調達に長けたものが大事という認識を共有してぷれいしました。

1回目はショートシナリオで、はじめての人のインストと久しぶりの人達のリハビリ兼ねてやりました。裏切り者はおらず、全員勝利で終了。食料調達と警察署の2枚引きキャラがいたおかげで、潤沢な武器と安定した武器供給。あと、4枚見て中から1枚選ぶウェイトレスもなかなか強力です。コロニーはマザーと清掃人がゾンビとゴミを清掃し続けます。最初からたくさんの何もしないサバイバーがたくさんいて、食料厳しいのですがなんとかなりました。

気を良くして、2戦目はミディアム以上の長さをやりましたが、これが楽勝かと思いきや結構苦戦。

最後ギリギリで勝ちかと思いきや裏切り者が出て、結局全員敗北。

今回思った事をまとめて見ます。

カードを多く引けるものは強力。カードはロケーションで引くしかないのですが、クライシスの対応も、食料の確保もカードを引かないとどうしようもありません。警察とグローサリーは武器と食料という必須アイテムが安定して手に入ります。また学校も食料が手に入りやすいのでおススメです。

特に2丁のスナイパーライフルはサイコロ不要な事もあり早期に手に入ると安定します。

2体以上倒せる能力や負傷リスクなしで倒せるキャラは強力。ゾンビを倒さないで済むプレイはほとんどないので、大事です。特に強いのは忍者で、戦闘に関しては負傷リスクがありません。戦闘で2体倒せるバットをもたせたいところ。それ以外にもマザーはコロニーを安定させます。ロケーション固定のものはちょっと微妙ですかね。

食料供給はやはり大事。コックは見かけたら絶対キープです。

ここまでは前回のプレイでも痛感した話ですが、ここからは新しい。

アトラクトは便利。ロケーションに行って、ゾンビを倒すのはそのあと行った人の数だけゾンビが出続けるので、探索に長けたメンバーだけだと戦闘が得てして弱いので、厳しいことが多いが、アトラクトでコロニーに呼び寄せてから倒すと、探索にせんねんできるのが良い。ただしサイコロ一つ多く使うのが問題で、協力プレイが前提。シナリオによってはコロニー以外の掃除に有効と思った。

あと、終盤での裏切り対策としての投票による追放。達成していないか裏切り者の可能性がある人に最後を託すリスクを考えると、勝利有情件を達成した時点で残りの人を排除するのもありか。ただ、シナリオによってというか、大半のシナリオでは排除された人も新たな勝利条件で敵に回るので、必ずしも万能ではないが。今回の2回目のシナリオではやるべきだった。

しかし、クロスロードのカードの英語が難しい。日本語版が欲しいなぁ。

 

デッド・オブ・ウインター 完全日本語版

デッド・オブ・ウインター 完全日本語版

 

 

 

デジ一眼

ついにデジタル一眼が死にそうですw

バッテリーが2個とも死にそうで、充電できなくなってきました。

買ったのが2005年なので13年愛用していますが、よく頑張ったと思います。800万画素で、昨今のkissに比べて三分の一しかありませんが、トリミング前提にしなければ意外と画質はいけてますw

とは言え、最近はスマホのカメラもまあまあ良いのでチョイ撮りにはスマホだけが多く出番は減ってますが、どうしたものか。

買い換えるかどうか悩みどころw

アンゴルモア元寇合戦記

 

 

夏アニメではピカイチ。

そもそも歴史で習う元寇は、散々元に翻弄されるも神風で逆転勝ちと習って来たが、最近の研究ではだいぶ違ったらしい。

そもそも上陸に成功した大軍が船に戻って全滅するのが理解できない。実際は上陸して橋頭堡を確保できなかったらしい。

皮鎧中心の元に、大鎧の騎馬武者が射撃戦でそれほど遅れを取るのも謎だと思っていたが、やはりそうでもなかったらしい。大鎧は対弓用装備だし、日本刀は皮鎧ぐらい楽に斬り裂ける。

とは言え当時の大鎧は徒士での戦いには重すぎて向いてなかったし、全員が高価な大鎧というわけでもなかっただろうから圧倒的ではなかったかもしれないが、やはりサムライはと良かったと思いたいw

といったかんじが味わえるこの作品はちょっと楽しいw

賭ケグルイ シーズン2 制作決定

 

賭ケグルイ Blu-ray BOX(5枚組)

賭ケグルイ Blu-ray BOX(5枚組)

 

 

浜辺美波はこれまでそれほど気にしていた女優では無かったのだが、この賭ケグルイの演技は凄すぎて一気に持っていかれた。特に賭ケグルイする時の表情が完全にいかれていた、この顔を見るだけでも全話見る価値のあるドラマだと思った。

前回は伏線張っただけで色々決着つけないで終わっていたのだが、またあれを見れるかと思うと楽しみでしょうがないw

ヨグソトースの影 リプレイあとちょっと

ずっと放置していたヨグソトースの影のリプレイを作ってました。今回作ったのは第2話の未来に目を向けよ

思ってのは大事な秘密がほとんど解決していないこと。にもかかわらず事件は一応の解決を見ている。これはこれでちょっと不思議。

ただ、いくつか残念なことが。いくつかの敵役の見せ場が作れなかったところが。まあ、仕方ない。次回以降で頑張りたい。