オリエント急行の殺人

久しぶりに読みました。 クトゥルフのシナリオを買ったのをきっかけに、読みたくなり何十年ぶりに読みましたが、なかなか楽しかった。 意外とストーリーに起伏があり、オリエント急行に乗る前も結構ボリュームがあるのも忘れてました。 こうなると映画も見た…

イノベーションのジレンマ

イノベーションのジレンマ―技術革新が巨大企業を滅ぼすとき (Harvard business school press)作者: クレイトン・クリステンセン,玉田俊平太,伊豆原弓出版社/メーカー: 翔泳社発売日: 2001/07メディア: 単行本購入: 59人 クリック: 811回この商品を含むブログ…

文法特急

1駅1題 新TOEIC(R) TEST 文法 特急作者: 花田徹也出版社/メーカー: 朝日新聞出版発売日: 2012/08/01メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る久しぶりにTOEICテスト用の本を買って読んでみた。 kindle版で500円ぐらい。紙はAmazone TOEICテストベストセ…

こころ

今度はこれを読んでみました。こころ作者: 夏目漱石発売日: 2012/09/27メディア: Kindle版この商品を含むブログ (24件) を見る昔、国語のテストか何かで部分的に読んだ事と、あらすじは知っていたのですが、改めて読んでみました。 太宰の2作品に続いて、ま…

斜陽

斜陽作者: 太宰治発売日: 2012/09/27メディア: Kindle版この商品を含むブログ (5件) を見る人間失格がピンとこないながら、太宰治が気になったので今度はこれも読んでみました。こっちのほうが良いですね。若い頃に読んだらまた違う感想だったとは思うのです…

人間失格

kindleがあれば古い本は無料と思い、気になっていた本を読んでみました。人間失格作者: 太宰治発売日: 2012/09/27メディア: Kindle版 クリック: 3回この商品を含むブログ (1件) を見る恐らく若い頃に読んだら全く今とは違った感想だったかな?と思う。 今な…

ロング・グッドバイ

ロング・グッドバイ (ハヤカワ・ミステリ文庫 チ 1-11)作者: レイモンド・チャンドラー,村上春樹出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2010/09/09メディア: 文庫購入: 5人 クリック: 38回この商品を含むブログ (88件) を見る年末に買ったのですが、なかなか読み…

ゴッドウルフの行方

ゴッドウルフの行方 (ハヤカワ・ミステリ文庫―スペンサー・シリーズ)作者: ロバート・B.パーカー,Robert B. Parker,菊池光出版社/メーカー: 早川書房発売日: 1986/09メディア: 文庫 クリック: 6回この商品を含むブログ (13件) を見るスペンサーシリーズ初め…

涼宮ハルヒの暴走

涼宮ハルヒの暴走 (角川スニーカー文庫)作者: 谷川流,いとうのいぢ出版社/メーカー: 角川書店発売日: 2004/10/01メディア: ペーパーバック購入: 15人 クリック: 136回この商品を含むブログ (588件) を見るうーん。作者も暴走中。雪山症候群のオチは・・・?

涼宮ハルヒの消失

涼宮ハルヒの消失 (角川スニーカー文庫)作者: 谷川流,いとうのいぢ出版社/メーカー: 角川書店発売日: 2004/07メディア: ペーパーバック購入: 18人 クリック: 232回この商品を含むブログ (812件) を見る軽いのでさくさく進む。一日一冊。 ここまで読んだ中で…

涼宮ハルヒの退屈

涼宮ハルヒの退屈 角川スニーカー文庫 / 谷川流 【文庫】ジャンル: 本・雑誌・コミック > 小説・エッセイ > 日本の小説 > その他ショップ: ローチケHMV 1号店価格: 562円読了。短編集だね。軽い。これだけ軽いSFばかり読んでいると、重いものが読みたくなる。…

涼宮ハルヒの溜息

涼宮ハルヒの溜息 (角川スニーカー文庫)作者: 谷川流,いとうのいぢ出版社/メーカー: 角川書店発売日: 2003/09メディア: ペーパーバック購入: 15人 クリック: 441回この商品を含むブログ (706件) を見る勢いでどんどん読んでいきます。 まぁ、軽い話です。ラ…

涼宮ハルヒの憂鬱

涼宮ハルヒの憂鬱 (角川つばさ文庫)作者: 谷川流,いとうのいぢ出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)発売日: 2009/06/12メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 68回この商品を含むブログ (29件) を見る今更ではありますが、家にあったので読…

ウェルチ

ウェルチ作者: ロバートスレーター,Robert Slater,宮本喜一出版社/メーカー: 日経BP社発売日: 1999/02/05メディア: 単行本この商品を含むブログ (6件) を見る最近はまっているウェルチの経営書。というか、ウェルチの経営をインタビューを中心にまとめたもの…

経済性分析

経済性分析 (経営工学シリーズ)作者: 千住鎮雄,藤田精一,伏見多美雄,山口俊和出版社/メーカー: 日本規格協会発売日: 1986/12/10メディア: 単行本 クリック: 1回この商品を含むブログを見る仕事がらみで、読んでみた。 大学の授業で使う教科書的ではあるのだ…

山根教授のアバウトだけどリアルな会計ゼミ

こんな本読みました。山根教授のアバウトだけどリアルな会計ゼミ作者: 山根節出版社/メーカー: 中央経済社発売日: 2011/07メディア: 単行本この商品を含むブログを見る経営を読み解くための会計知識みたいな奴です。 けっこう面白い。BSとPLはもうちょっと勉…

ブルーオーシャン

教育の参考図書だったので、久しぶり読み直した。けっこう忘れていたことに気づく。 講師の話では、中身に新しさは無いが、新規事業開拓の方法論を現場目線でうまく編集した編集の勝利で、この本自体がブルーオーシャン的な成功事例とのこと。なるほど。 同…

管理会計の基本がすべてわかる本

なんか、久しぶりにまともな本を読んだ気がする。(ぉ最近仕事柄予算とか回収計画だとか、そんなお金の話ばかりしているので、少し論理武装をしようとおもい、「管理会計」をキーワードにAmazonで検索。評判の良さそうな本を買って読んでみた。かなり簡単で…

終わらざる夏

親から借りてやっと読了。親の話だとなんか凄い戦争アクションっぽい説明だったが、流石は浅田次郎。やっぱりオカルトです。(ぉ 鉄道員も、オカルトはいっているというか、オカルトそのものだったが、こんな話でもそういう要素を入れるのがなんか凄いです。…

朝鮮戦争

読了。 朝鮮戦争って、歴史教科書の1項目程度にしかしらなかったけど、けっこう激戦の連続。序盤の北朝鮮の大攻勢時の米軍の危機、そして中国参戦時の米軍の危機と大きく分けても二つの激戦ポイントが。それらの中には無数の激戦が。しかし、細かい戦闘って…

BLACK LAGOON 4巻

Book OFFにて100円で入手。 新品買ったり、古本買ったりで不定期に揃ってきているが、あと1冊かな。表紙はシェンホアだが、4巻では全く活躍の場が無い。(笑

Cat Shit One 1巻

台風の中、会社に出かけて一日仕事。どうも最近忙しい。毎日終電なのに、仕事のバックオーダが減らない。どうなっているんだ!凄いCGアニメを見てから、ずっときになっていたコミックを購入。 ベトナムものだが、ウサギキャラと小林源文というのが、凄く違和…

戦争のため犬たち

ようやく読了。もともとこの本が気になってフォーサイスを読み始めた気がするが、フォーサイスの有名三作(ジャッカルの日、オデッサファイル、本作)の中ではいちばんピンとこなかった。もし、この本を最初に読んでいたら恐らく他の本は読まなかったかもし…

去年を待ちながら

相変わらずの小説ブーム。図書館で借りたディック読了。こんなのがごろごろある図書館もなかなか。ディックも色々読んだけど、これはけっこういい。正直タイムパラドックスがなんか破綻しているような気もするけど、SF的ガジェットはディックにとっては単な…

オデッサファイル

またまたフォーサイスを読了。たまたま古本屋で見つけた100円文庫。たんたんとした語り口だが、けっこうはらはらどきどき感があるのがフォーサイスの魅力かも。とはいえ、けっこう読みやすい。海外翻訳って文字数の割には何故か時間が掛かると思っていたが、…

最後から二番目の真実

SF作家の中では大好きなほうに入るフィリップ・K・ディックの比較的初期の作品。サンリオSF文庫しか昔は無かったらしいが、新訳で創元から出た版を図書館で。久しぶりに図書館行ったらこういうのがゴロゴロしていてちょっとうれしい。脳が麻痺するくらい…

ジャッカルの日

今更感もあるが、活字に急に飢える時期があり、たまたま親から借りて手元にあったこれを読んでみる。良く考えてみたらフレデリック・フォーサイスは読んだこと無い。まさに暑い夏にもってこいの読み応え。けっこう淡々と暗殺の準備をジャッカルが進める日々…

歴史群像

発売日なんで購入。気になったのは一式戦闘機隼の評価で、同時期の零戦に比べてスペックが低くどうも陸軍が海軍に対する対抗心からダメな隼を採用したというイメージがあったが、意外にも実際はそうではなかったという話。ノモンハンの戦訓を取り入れ防弾燃…

蒼穹の昴

これも借り物だが、ようやく読了。はっきり言って清朝末期って、全然良くわかってなかったが、これは面白かった。 西太后や李鴻章って、適当なイメージというか俗っぽいイメージだったが、 この本読むと、えらくかっこいい。浅田次郎は壬生義士伝以来だが、…

さらばロンメル 上 下

親から借りた本を読むシリーズ(笑ロンメルが、大戦前にアメリカで南北戦争の戦地を訪ね、そこで知り合ったアメリカ軍人とアフリカで再度合うという冒険小説。どんな話か知らないまま読み始めたので、なかなか変な話だと思ったが、欧米ものにしては軽妙な読…